変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

W杯最終予選 日本VSイラク ダラダラ感想

日本2-1イラク

ダラダラと感想を書きました。

 

日本の攻撃スタイル

 日本代表のフォーメーションは4-2-3-1。それに対してイラクも4-2-3-1という全く同じ形で臨んできた。

f:id:mwmpxpp:20161007041048p:plain

 そんなイラクだったが、守備時には4-4-2や4-5-1のような形に変化。マッチアップに関して、そこまで複雑さはなかった。日本はこのようにブロックを敷かれた相手を崩せないといわれて何年も経っているが、この試合では右側からの攻撃を試みた。ボランチの長谷部が酒井宏が上がった裏のスペースにスルスルと移動。ここへのマークがあまりはっきりしていなかったイラクだったが、6アドナンが長谷部に対応し、後ろはボランチのスライドで人数を合わせるか、10アブドゥルゼフラが左寄りに待ち構えているかのどちらか。(下図)相手がズレきる前に酒井宏と本田の連携で崩そうという場面もあった。全体的には本田に入れて挟まれる場面のほうが多かったように思う。

f:id:mwmpxpp:20161007123132p:plain

 

 逆サイドに関してはこのような動きはあまりなかった。酒井高は盛んに縦へのコースを探しているようだったが、ほとんどがボランチor最終ラインへのバックパス。原口の1対1が効いていたので割と前には出ず、そこは自由にやらせようとしていたのか。前半0分と前半14分に清武が打った場面を見ても分かるように、ネガティブトランジションを早めてショートカウンター、といった形でチャンスを作った。酒井宏のクロスはグラウンダーで清武かGK-DF間へのどちらかにしてほしかった。。

 

柏木を出した意図は

この試合のボランチは大島のパフォーマンスによって待望論が若干起こった柏木。彼の良さは捌きながらテンポを作れることで、後方からの一本のでチャンスを演出することもできる。ホームゲームで相手はイラク、この状況での起用は頷けるが、彼の良さは全く出ていなかったと感じた。ハリルホジッチはこの試合で「奪われたらその場で取り返せ」をチーム全体に意識させた。なので柏木が後ろの状況を顧みずにボールホルダーにプレスをかけるが多かったが、その役割に向いているのは山口なのでは。柏木は献身的なプレーも厭わない選手だが、ボールを「奪う」能力は高くない。インターセプトも少なかったし。

 

ただ、イラクは思ったよりも引いてきた。開始早々こそは積極的なプレスを披露したもののその後はある程度ラインを上げてブロックを敷く。オーストラリア戦では高い位置でのボール奪取からチャンスを作れていただけに、同様のスタイルで来ると予想していたがそうではなかった。というか、純粋なサイドハーフを置かないオーストラリアとサイドバックサイドハーフのような形をとる日本は全く違うチームだし、あそこまでサイドを下げられたらプレスは機能しない。そこまで考えればボールを持つ時間が長いことは容易に想像できるし、だからこその柏木起用だったと思うが、如何せん攻撃面での存在感が希薄すぎたかなと。ただ、山口に関しても全体的に判断が遅く、潰される場面も目立った。潰しと繋ぎ両方のできるドリンクウォーターみたいなボランチ、いないかなぁ。

 

目立った消極さ 単純な能力不足か

今回イラクは中東チームによくみられるベタ引きではなかったと思う。後ろも4人だし、奪ってから点を取れる枚数も揃っていた。それに対して日本はバイタルをほとんど使えず、というよりそこへチャレンジする縦パスもなし。縦パスの記憶がほとんどない。長谷部によるお馴染みの「強すぎんだろ!!」ってのも見られなかった。

 

日本がサイドでボールを持つと、イラクは中のパスコースを完全に消してきた。ハリルホジッチがサイドチェンジをかなり要求し、選手も実行しようとしていたのも相手のスライドにギャップを見つけて突きたかったからだと思う。しかし、ここで変えられればってところでパスがズレたり、出しでもと受け手の動きが合わなかったりと基本的に低調な出来。後半、浅野が左に展開して原口が仕掛けた場面なんかは良かった。あのように、受けた選手がそのまま仕掛けられる位のスペースをもたらすサイドチェンジを繰り返すのが理想。

 

 

香川より清武、本田と原口

この試合の1つのサプライズとして香川真司のスタメン落ちが挙げられる。代役の清武は香川のように足元の技術レベルが高く、代表内では似た存在として認知されているが「スピード感」という点で比較するならば、清武のほうが秀でている。得点シーンも含めれば前半に3度カウンターでチャンスを作った。その全てに彼は絡んでいるし、3回共に「出して動いて受ける」という連続的なプレーだった。以前はシュートチャンスでパスを選択したりと綺麗なプレーを求めるあまり、数字が伴わない時期もあったが最近ではそれも改善されつつあると思う。

 

 

サイドでは、点を取った原口と取れなかった本田という見方ができるが、そんなに単純な評価で良いのだろうか。確かに、結果を出すことはサッカーにおいて最も評価に直結する。ただ、点を取らない=ダメだと烙印を押すのは短絡的すぎるし、「役割が違う」ということをしっかりと理解するべきだと思う。

 

本田について、まずサイドでの役割は仕掛けよりも間受けだった。これは現代サッカーのサイドハーフにおける主要な役割になりつつある。酒井宏が序盤からかなり高い位置を取っていて、本田はしきりにチェックの動きで左サイドバックの裏にスペースを作ろうと苦心していた。トラップで相手を外して酒井宏に通した良いプレーもあった。それに加えて、1.5列目、セカンドトップのようなポジションでボールを受けることが多かったと思う。これは主に清武がボールを持った時の話。この試合でポゼッションからチャンスを作れなかった一番の要因は「岡崎に連動する選手が少なかった」からだと勝手に結論付けてみたが、唯一彼の近くでプレーしようとしていたのが本田だと映った。そういう意味では評価に値すると思う。先制点のところでは、清武がボールを持った時に岡崎が下りてくるのではなく裏に抜けるように動いた。これによって清武がドリブルできるスペースが空いたし、しっかり前の4人が連動すれば崩せるということが証明できた。

 

 

では何故本田への低評価が相次ぐのかということだが、それは簡単なことで、単純にボールを持った時の精度が悪いからだと思う。ハリルホジッチが言う試合勘不足はかなり感じられた。個人的には以前よりも「無理が利かなくなった」という印象を抱いた。シュートが決めるかは紙一重なので評価しずらいが、本田にしては悪い取られ方が多かったと思う。なのでこの試合では「本田がいなかったらもっとやばかったかもけど、別にいたからといって効果的なプレーはできなかった」といった辺りにしておく。すぐ切り替えればカウンターの芽を摘める相手で本当に良かった。最後に1つ頭に入れないといけないのは、イラクの左サイドはレベルが高いということ。サイドバックのイスマエルはトルコ1部のリゼススボル、サイドハーフのアドナンはセリエAウディネーゼでそれぞれレギュラー。そんな簡単にはいかない。

 

 

原口は特に後半、チームの足が止まった時間帯にドリブルで存在感を発揮した。あの状況でガンガン行けるのは成長の証なのでは。サイドでボールを引き出してからの仕掛けやパス、特に縦に突破できる左サイドの選手は不足している。左サイド=カットインみたいなイメージが強い今日だが、スピードで縦に抜ける選手のほうが案外重要なのではないかなとも感じる。原口は元々切れ込んでシュートを決めるプレーが得意だったが、確実に幅を広げている。

 

 

 とりあえず総括

内容は悪かったと思う。イラクのブロックを攻略して作ったチャンスは0に等しかったのでは。シュートも13本と、散々言われている決定力云々の試合じゃなかったことは明らか。ただ、イラクU23代表はリオ五輪でブラジル相手に0-0で守り切ったチーム。そんな相手に4-0とかで勝つほうがむしろ驚きだし、ひとまずは勝利したことを喜びたい。

 

次のオーストラリア戦、こういった実力者に勝てれば色々とスッキリするのでは。最悪でも勝点1は持ち帰ってほしいとかいう気持ちで臨んではダメ。