読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

第2節振り返り(5試合分)

リバプール バーンリー アーセナル レスター チェルシー ワトフォード マンチェスターシティ ストーク

 

まだ5試合しか見てないのでその分を。スウォンジーは昨日書きました。

 

レスター0-0アーセナル

 

開幕戦でディフェンスリーダーをやらされたチェンバーズを外し、まだ合流して10日のコシエルニーを使ったベンゲルは正解。神出鬼没のカバーリングでヴァーディのスピードを無効化した。レスターはオルブライトンやオカザキを起用し、昨年のチームに復活。ムッキムキのメンディはリーグ初先発だったが、無念の途中交代となった。ドリンクウォーターは果敢に前線に飛び出し、オルブライトンはクロスを上げ続け、オカザキは転げ回ったが、肝心のヴァーディのニア上を狙ったシュートは大きく逸れた。0-0のドローも開幕戦に比べれば内容は改善されており、サポーターもひと安心したはず。ちなみにメンディはカンテとちょっと違う。アーセナルはベンチでなんか食ってたジルーやエジルウィルシャーを投入して勝ちにいったが決定機は作れず。スピードに絶対の自信をもつベジェリンでも、スタミナMAXのムサには全く叶わなかった。華麗なプルプッシュで、ヴァーディを交わしたツェフは今季1回くらいやらかしそう。

 

 

ワトフォード1-2チェルシー

 

カプーとかキャプーとかカプエとか言われるけど発音はカプーらしい。ワトフォードは彼の素晴らしいボレーシュートで2試合続けて先制しながらも、セスクのメロメロスルーパスで逆転負けを喫した。マッツァーリの3ボランチは個人的に結構好きだが、イガロとディーニーにはここまでノーチャンス。アムラバトやホレバスが突破出来ればクロスに合わせる形で点が取れそうだが、中央からの絡みや2人での崩しは今の所ない。チェルシーはキャスカートに苦戦したアザールが途中から右サイドに逃げる弱いものいじめっぷり。そんなアザールのシュートをバチュアイが詰めて同点に追いつくと、コスタが脇下を抜くうまいシュートで逆転。ウエストハムで活躍できなかったモーゼスはローンバックながら途中出場でファウルをもらう活躍。

 

 

ストーク1-4シティ

 

ストークはCB2人がまあ脆い。ショウクロスは最後の方疲れて足が動かず、ヴォルシャイトは動きがなんかぎこちない。4失点目のようにクロスの動き1発で失点していては、前線がいくら強烈でも厳しいか。インビュラはアンカーっぽい見た目してるのに守備かなりサボるからドMなほど走るウィーランとアレンは希望通りヘロヘロ。ボージャンを中盤に入れ、そろそろ白髪染めするべきなウォルタースをサイドに配置する交代をもう少し早めに出来ていれば。シティもペジェグリーニ政権下の時のようなPA外でのゆっくりとした崩しはなくなり、攻撃にスピード感が溢れている。ペップの代名詞とも言えるサイドバックが中に入り、ウイングがそのスペースにサイドバックを連れ込みながら降りてきて、空いたスペースに飛び出す動きは意図的にやっていた。ただ、スターリングとナバスというウイングでプレミアを制覇出来るかといえば難しい。もし出来たらペップの手腕と言われても異論はありません。スターリングは試合中ずーっとブーイングを受けていてちょっと可哀想だからやめてあげて。

 

 

バーンリー2-0リバプール

 

バルサに4-0で勝ったリバプールがバーンリーに0-2で負けた(小並感)。支配率は80%で、88分間くらいは攻め込んでいたが、4-4-2で低くブロックを敷くバーンリーを崩せず。決定機はほぼなかった。原因としては各駅停車の横パスが多く、サイドのコウチーニョスタリッジはボールを晒すだけで、縦突破が少なすぎる。バーンリーDFの体ををゴール方向に向けられず、ブロック外でパスを回し続けた。ミドルシュートのタイミングは悪くなかったが、枠に行かず。どーすりゃいいんだって感じだけど、右サイドにマネの突破力があれば案外なんとかなったかもしれない。あとはゴール前にパワーのあるFWが欲しい。そんなタイプで何故か今出てきたのはエンゴグだけど、オリギを育てれば高さパワースピードが揃った点取り屋が誕生するのかな。そんなこんなでエンゴグが全く頭から離れないけど、左サイドバックで使われたミルナーは窮屈そうで、モレノにもう1回チャンスあげるべき。リバプールサポは何が敗因だと見ているのかすごく気になるからTwitterにリプちょーだい。けどやっぱり失点時のクラインのパスミスとクラヴァン、ヘンダーソンの軽い対応は問題だよね。バーンリーはヴォークスのシュートがほんとにお見事。グレイも決めたし、去年のワトフォードのように2人がチームを引っ張れるか注目。俺レベルの人間だと「よく守った」とか「体張れてた」とか「サイドハーフもコンパクトだった」とかいう感想しか出てきません。ラインを下げて、裏のスペースを消したのはリバプール対策かな。グズムンドソンが出てくるとヴァイキングクラップをするサポーターのミーハー感は嫌いじゃない。