変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

サンフレッチェ広島VSヴィッセル神戸

両チーム共に、リオ五輪代表に選出されたメンバー抜きで戦ったこの試合。広島はOAの塩谷を、神戸は岩波をそれぞれ欠いた。

 

両チームのスタメンは以下の通り。

サンフレッチェ広島

GK 林

DF 宮原、千葉、清水

MF 森崎(和)、丸谷、ミキッチ、柏、柴崎、宮吉

FW ウタカ

システム:3-4-2-1

 

 

ヴィッセル神戸

GK キム

DF 高橋(峻)、北本、伊野波、橋本

MF 三原、ニウトン、小林、渡邉

FW ペドロ、レアンドロ

システム:4-4-2

 

ーーf:id:mwmpxpp:20160729133518j:imageーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

両チーム共にチャンスの全くなかった前半。ビルドアップ時に森崎が下がって4バック気味になる広島に対し、神戸はある程度うまくやっていたと思う。4枚のDFに対しレアンドロ、小林、渡邉の3人がプレスをかけ、ペドロが下がり目の位置でスペースをケア。ここまでは狙い通りにできていた。

 

 

この試合の注目は、やはりボランチのニウトンだろう。2ボランチの右、間、左に1トップ+2シャドーがポジションをとる広島。そこへのコースを切ること、通されたとしても素早くサンドすることが必要とされた。

 

 

しかし、移籍間もない彼は守備面ではかなり苦労したようにみえた。バイタルに通されても、棒立ちしていることが多い。例えばウタカの先制点の場面。

 

f:id:mwmpxpp:20160729131342j:image

ここで清水から縦パスが入る。このコースを埋めていることがベストだが、それは出来ていない。ウタカにボールが入ったところでCBの北本がうまく潰したように見えたが、ルーズボールにいち早く反応したウタカが北本を置き去りにし、ドリブルを開始する。

 

f:id:mwmpxpp:20160729131355j:image

 

挟む意識が少しでもあれば、ここまで動かない(ボランチならば下がって欲しいところ)ことはないはず。前半終了間際のスキをつかれた格好になった。ちなみに、このウタカのシュートまでの一連の動きはめちゃめちゃうまかった。

 

 

ビハインドを負った神戸。ハーフタイムに小林を下げ、松村を投入する。神戸の攻撃には、前線のタレントを生かしたカウンターや、彼らの個人技というイメージがあるが、広島のコンパクトな陣形によって彼らはすぐに囲まれてしまう。DFとボランチの意思疎通には神戸と広島でかなり差があった。

 

 

58分、高橋のCKにニウトンが合わせる。これに橋本が反応して飛び込むが、僅かに合わない。さらに59分にも決定機。北本がウタカからボールを奪うと、すぐさま前線のペドロに縦パスを入れる。これを後ろから追い越してきた渡邉に繋ぎ、一気にカウンター。3対2の数的優位を作り出し、再び後ろから追い越してきたペドロにパスを出す。最後はフリーになったレアンドロが決めるだけの完璧な形だったが、ペドロのパスが僅かに伸び、体勢が厳しくなったレアンドロのシュートはポストを叩いた。

 

 

するとその直後、右サイドを抜けたウタカのクロスに宮吉が合わせてあっさりと追加点を奪う。これには神戸の選手達もガックリきただろう。

 

 

その後、レアンドロと三原を下げて石津、藤田を投入した神戸。渡邉が中央に入り、石津は左サイドでプレーした。しかし、ほとんどチャンスを作れない。前がかりになったところをウタカを突かれ、あわや3点目というシーンも。

 

 

その後は青山のミドルがポストを直撃するなど、トドメをさしきれない広島だったが、ピンチを迎えることなく試合終了。思ったより神戸の時間は短く、私はウタカがうますぎるために、逆にここ数年で広島にフィットしなかった外国人のことを考えていた「トミッチとユキッチ以上は出てこなかった…」

 

 

 

ウタカは最近の助っ人外国人の中では1、2を争う能力を持つ。チャンスメイク、得点の両方をここまでハイレベルでこなす選手はなかなかいない。ボールを触らずにボディフェイントのみで相手を交わす「しなやかさ」に加え、ポストプレー時に、ダイレクトで自分より前の選手にパスを出す技術(これが如何に難しいかはサッカー経験者はわかると思う)のレベルがとてつもなく高い。ナイジェリアのそうそうたるFW陣に名前を連ねていたのも納得できる。

 

 

敗れた神戸だが、59分のカウンターのように数人の連携で得点を取れるパワーを持つ。さらに、ボランチのニウトンがチームにフィットすれば、 広島のようなチームからでも勝利をもぎ取ることができるはずだ。

 

 

試合全体の動きは少なめだったが、「チームとしての完成度」の差が勝敗を分けた試合。シーズンは終盤戦に入る。夏に補強した選手もなるべく早くチームにフィットさせたいところ。