読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

アーセナルに移籍したホールディング紹介(squawka)

アーセナル

 

アーセナルボルトンからロブ・ホールディングを獲得した。移籍金は£2mで、将来を嘱望されるディフェンダーだ。

f:id:mwmpxpp:20160724093819j:image

 

 

経歴は?

 

ロブ・ホールディングは7歳までは地元のチームで育った。ボルトンでデビューしたのは昨年。イングランド年代別代表としてのデビューも比較的遅い。今年の5月にエバートンのブレンダン・ギャロウェイの代わりに招集されて、サウスゲート率いるU-21イングランド代表にデビューした。

 

 

昨年の成績は?


ボルトンは昨年46試合で僅か5勝。悲惨なチーム状態で彼はできる限りのパフォーマンスを見せた。公式戦30試合に出場し、チームMVPにも選出。ホールディングは2015年はベリーにローンで移籍しており、チームでの序列は低かった。彼の成長のみが昨年のチームのポジティブな出来事だったといえる。

 

f:id:mwmpxpp:20160724093944j:image

 


「ロブ・ホールディングはスーパースターだ。彼はとても高い質を持っている。毎試合彼は成長しているし、パフォーマンスも向上している。」元トロッターズの監督、ニール・レノンは「ボルトン・ニュース」に2月にそう話した。


「彼はここで幸せだと思う。しかし、ここから出ることに疑いはないだろう。我々は彼に高いレベルでプレーする選択肢を与えたことや、私が彼を色んな人に推薦したことを知らせなければならない。ホールディングは素晴らしい選手なんだ。」

 

 

どこでプレーするの?


ホールディングはユーティリティ性があって、カルム・チェンバースのように右サイドバックセンターバックでプレーが出来る。ボルトンでは右サイドバックで徐々に出場機会を増やし、より慣れたセンターバックで監督の信頼を掴んだ。

 

 

 f:id:mwmpxpp:20160724094043j:image

 

長所は?

 

 

彼は「パーフェクトなディフェンダー」だとボルトンのファンサイトで評価され、元ボルトンギャリー・ケイヒルとしばしば比較される。ここ半年間しか出場していないが、DFに必要なクレバーさを持ち、クールにボールを奪うだけでなくゲームを読む力もあり、タックルは強烈。空中戦も強く、スピードも持ち合わせる。

 

 

短所は?

 

 

明らかなのは経験不足だ。ホールディングは下部リーグでたった26試合にしか出場していない。また、チームが2部で最下位に沈んでいるというのもあるが、パスの精度には改善の余地がある。成功率は68%。これはヴェンゲル監督が期待している数値にはほど遠い。


20試合以上に欠場しながらも、ホールディングはチーム最多、86回ものインターセプトを記録した。このことは、彼がゲームを読む天与の才能をもつということだろう。

 

引用http://www.squawka.com/news/who-is-rob-holding-boltons-england-under-21-defender-set-to-join-arsenal/728919