読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

リバプールの若手10選手紹介(telegraph)

今シーズン見ておくべき10人の若手選手を紹介。(前半) 

 

1.トニ・ゴメス(17歳/フォワード)

f:id:mwmpxpp:20160721224143j:image

 ドイツのビルト紙に「リバプールの希望となる若手の1人」と紹介されたポルトガルの世代別代表選手。素晴らしいスキルに恵まれ、ユース世代の試合でも違いを見せてきた。パワフルでスタミナがあり、高い位置のプレスをいとわないゴメスは、クロップのサッカーに合うはずだ。既にU-21チームで印象を残しており、トップチームのドアを叩くのも近い将来だ。

 

 

2.ヤン・ダンダ(17歳/攻撃的MF)

f:id:mwmpxpp:20160721224146j:image

2013年にWBAから£20,0000で加入したとされているダンダ。彼は自分の金額に見合った活躍をしなければならないことを分かっている。しかし、彼の狡猾さやテクニックはすぐにチームに好印象を与えた。FKのスペシャリストで、10番のポジションで最も効果を発揮する。狭い所でもスペースを見つけるのが上手く、FWにチャンスを作り出す。12月には、インド人として初めてリバプールと契約した選手となった。現在は足首を負傷しているが、復帰後は歩みを進めようとしている。

 

 

3.オビー・エジャリア(18歳/攻撃的MF)

f:id:mwmpxpp:20160721224153j:image

アーセナルアカデミーで育ったエジャリア。9年間をノースロンドンで過ごし、2014年にリバプールに加入した。FWの1列下のポジションならどこでも効果的なプレーを見せる。彼のスキルやテクニックは、ファイナルサードにおいて絶大な強みとなる。U-21で活躍をし、トップチームとも練習をしたエジャリア。プレシーズンでは勢いのあるプレーを見せ、クロップの構想にかなり関わっている。

 

 

4.ケヴィン・ステュワート(22歳/守備的MF)

f:id:mwmpxpp:20160721224158j:image

2014年にDFとしてトッテナムから加入した選手。現在はMFとしてクロップの下、試合にも多く出場する。粘り強いタックルが持ち味なステュワートの堅実性が、出場数を増やしている要因で、チェルトナム・タウンスウィンドン・タウンバートン・アルビオンにローン移籍した後、出場機会を掴んだ。1月のエクセター戦でデビューし、その後11試合の公式戦で出番を得た。2月には新たに4年契約を結んでいる。

 

 

5.キャメロン・ブラナガン(20歳/MF)

f:id:mwmpxpp:20160721224203j:image

優れた洞察力、テクニック、ゴールへの意識を持ち、普段は10番の位置でプレーするが、サイドや中盤の底でもプレーする。彼はしばしばジョー・アレンと比較されるが彼よりも攻撃面においては長けている。5歳からリバプールに在籍し、昨年のELボルドー戦でデビューを果たした。その後数試合に出場し、彼はクロップの元で更なる成長を遂げようとしている。

 

http://www.telegraph.co.uk/football/2016/07/20/10-young-players-for-liverpool-fans-to-get-excited-about-this-se/kevin-stewart/