読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

レスターVSオックスフォード レポート

PSMレポ レスター オックスフォード

f:id:mwmpxpp:20160721203137j:image
昨年プレミア王者レスターと、4部から3部に昇格したオックスフォードの一戦。レスターのスタメンは昨年の優勝メンバーが中心でした。注目されたのは、左サイドバックのチルウェルとボランチのチョーダリーの若手2人。特に、チョーダリーはアフロヘアーが特徴なので、かなり印象に残りました。

f:id:mwmpxpp:20160721203147j:image

対するオックスフォードは昨年FAカップスウォンジーを破ったチーム。メンバーがかなり引き抜かれたとのことで、ブラックバーンから加入したイーストウッド、ユナイテッドから加入したロズウェルなど、スタメンの大半を新加入選手が占めました。

f:id:mwmpxpp:20160721203200j:image


試合はレスターペースで進んでいましたが12分、モーガンがPT付近でテイラーを倒してFKを献上。するとこれをマグワイアーが決めてオックスフォードがあっさりと先制します。GKのシュマイケルとしては、立っていた方に来たシュートだったので止めたかったでしょう。


その後はレスターが「ボールを持たされる」展開。カウンターが得意なチャンピオンは、攻撃にメリハリをつけられず、シュートまでいけません。16分には左サイドをグレイがひとりで持ち込んでシュートを打ちますが、枠の上へ外れます。


しかし28分、敵陣でレスターがボールを奪うと、ウジョア→岡崎→ウジョアと繋いで最後はグレイがシュート。ブロックに入ったDFの股下を抜いた技ありのゴールで、試合は振り出しに戻ります。


その後も、チルウェルのクロスにウジョアが合わせるなど惜しいシーンを作りましたが、決定機までは至らず。一方のオックスフォードはCBのネルソンが足首を負傷。代わりにマーティンを投入します。前半は1-1の同点で終了。

f:id:mwmpxpp:20160721203213j:image

後半開始と共に、5人を入れ替えたレスター。GKにハノーファーから移籍してきたツィーラーボランチに大怪我から復帰のジェームズ、CBに新加入エルナンデス、中盤のサイドにはシュラップとローレンスが入りました。


46分には細かいパス回しから抜け出した岡崎がPA内で倒されますが、笛は鳴りません。その2分後にもローレンスのタイミングを外したクロスに岡崎が合わせますが、相手GKのヤマ感セーブ(by粕谷さん)に阻まれます。非常に悔しそうでした。

f:id:mwmpxpp:20160721203228j:image

 


その直後にも、シュラップがさすがのスピードでディフェンダーを切り裂いてシュートまで持ち込みますが、マーティンのシーズン中さながらのシュートブロックによって阻まれます。ローレンスの蹴るCKはことごとくフォアを越えてゆきました。


60分にベンチからぞろぞろ出てきたレスターの交代選手。6人が新たに出場し、前半と後半でメンバーをすべて入れ替える形となりました。

 

f:id:mwmpxpp:20160721203241j:image

66分、この試合で相手CBとSBの間から裏に抜けるプレーを何度もしたムサが強烈なシュートを放ちますが、相手GKがセーブ。なかなか得点を奪えないレスターでしたが、69分に逆転します。自陣に戻ったシュラップがボールを奪うと、シャトルラン150回目の折り返しのような素早い切り替えで前線に走ります。ジェームズからパスを受けたシュラップは中に切り込んで左足を一閃。完璧なシュートがGKのニアを破りました。


その後は静かな試合運びを見せる王者。ゆっくりと行きたいところですが、アピールをしたいがために個人プレーに走り出す選手がいるのもプレシーズンらしい内容でした。左サイドバックのエルダーはこれでもかとアーリークロスを連発。中の選手にはほとんど合っていませんでした。個人的にはボールの質はいいのかなと思ったので、良い選手なのかも知れません。


ホームチームも終盤は少し押し込みましたが、ツィーラーツィーラーである必要はほとんどなく試合終了。レスターが2-1でオックスフォードに勝利を収めました。

 

f:id:mwmpxpp:20160721203300j:image

岡崎ですが、かなり走っていました。コンディションは良さそうです。あとはずーっと言われていますが、得点力をあげるだけです。中継では、ドリンクウォーターの相棒を誰にするか試合中話題になっていました。チョーダリーは特徴を掴むまでには至らず、ジェームズは体が重そうで、ムーアは本職がボランチではありません。何より3人とも相手にバイタルを軽く使われることが何回かあったので気になります。この試合の出来ではジェームズかと思いましたが、メンディもキングも一応インレルもいます。これから試行錯誤が続くでしょう。


シュラップの右サイドはなかなか面白かったです。身体能力オバケだと思われがちですが、足元のテクニックも確かなので、中央に入ってのプレーも正確に出来ていました。中央に入ってくると言えば左のローレンスも後半終盤に一度中でパスを受けてチャンスメイクをする良いプレーがありましたね。


兎にも角にもマフレズの去就が気になるレスター。1人のプレミアファンとしては、CLで勝ち進んで欲しいので、マフレズには残留してもらいたいです。