読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

スウォンジーがエクアドル代表FWに接近

スウォンジー ウエストハム ラツィオ

スウォンジーウエストハムのエネル・バレンシアに対して、競合するラツィオよりも高値をつけ、新たなFW探しに前進したとイタリアメディアが伝えている。

 

f:id:mwmpxpp:20160717133611j:image

 

 

Skysportsのイタリア人ジャーナリスト、Di Marzioは、ラツィオが£10mでバレンシアのローン移籍での獲得を狙っているのに対して、スウォンジーは£13mでの完全移籍を狙っていると話した。

 

 

 

 

フランチェスコ・グイドリン監督は3番手FWのバフェティンビ・ゴミスが移籍濃厚である状況で、今夏に少なくとも1人のストライカーを獲得したいと考えている。エデルとアルベルト・パロスキがチームを離れたのに続いて、コーチのアラン・カーティスはここ数日の間にフランス人(ゴミス)がチームを去ると話した。

 

 

 

 

ラツィオは完全移籍でのオプションの付きのローン移籍での加入を提案している。しかし、ウエストハムは決断を下す前に、ACミラン所属のカルロス・バッカのオファーの結果を待っているようだ。

 

 

 

 

バレンシアはここ2シーズンでそれぞれ5得点を決めているが、昨年はビリッチ監督の元で序列を下げていた。

 

引用:

http://www.walesonline.co.uk/sport/football/transfer-news/swansea-city-outbid-lazio-west-11623303?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter