変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

ペチュニクは史上最も粘り強く使った助っ人だった!

遂に!ネイツ・ペチュニクがリーグ戦でゴールを決めました!

 

 

今季J2の千葉から加入。プレシーズンマッチでは先制ゴールを挙げましたが、その後のリーグ戦では起用に全く応えられませんでした。1stステージ12試合に出場してノーゴールと、「このまま干されてしまうのでは…」と心配になるほどの成績でした。

 

 

 

そんなペチュニクが遂にリーグ戦14試合目にして得点を決めたのです!しかも、敗色濃厚の展開から起死回生の同点ゴール。2ndステージ磐田戦、後半35分のことでした。

 

 

 

左サイドを清水と泉澤の連携で崩し、泉澤がグラウンダーのクロス。中でDFと駆け引きをしていたペチュニクはここぞというタイミングで前に入って合わせました!

 

 

 

私のイメージですが、大宮は結構「外れ助っ人」を連れてくることが多い気がします。無得点で帰国したり、1得点だけ決めてその後サッパリとか…んで、ペチュニクのその部類に入ってしまうのかなーって思っちゃってました…

 

 

 

ということで、調べてみました。2005年以降の外国人FWの成績です!

f:id:mwmpxpp:20160711200650p:image

 

ペチュニクはサイドでも使われてたので、何とも言えないですが「渋谷監督、よく使い続けた!」って感じですよね。ペドロ・ジュニオールが初ゴールを決めたのは2008年の開幕戦でしたが、ペチュニクはその2倍もかかっています。

 

 

 

「・・・ラドンチッチはどーしたー!!」って思った人多いと思います。さっきのデータは「得点を決めたことのある」外国人です。

ということで、1点も取れずに退団した助っ人外国人も調べました。

f:id:mwmpxpp:20160711200942p:image

 

 

 

やっぱり、ペチュニクよく使い続けましたね(笑) ラドンチッチでさえ結構粘り強く起用していた印象がありますから、ペチュニクには相当期待していたのでしょうね!

 

 

 

何はともあれ、遂にJ1初ゴールを決めたペチュニク。ここからの得点量産に期待しましょう!