読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なサッカー好きの大学生が書くブログ

スウォンジーサポの大学生が欧州サッカーについて書いてるブログです。 翻訳記事、プレミアリーグのプレビューや雑記などをしていきます。それ以外の情報はTwitter(@s1126khbxyz)で流しているので是非フォローよろしくお願い致します、

アルベルト・パロスキの移籍について一言

 

冬の移籍市場で、貧弱なスウォンジーの前線の劇薬として獲得した選手でした。

f:id:mwmpxpp:20160709210822j:image

引用:

https://twitter.com/mercato_seriea/status/747103939489726464
結果は10試合で2得点。過密日程が続く中で、ゴミスとのターンオーバー的な感じで使われました。強靭なフィジカルを生かしたポストプレーを得意とするゴミス。一方のパロスキの特徴はあまり掴めずに終わってしまいました。

 

初ゴールとなったトッテナム戦。シュートがこぼれた所に素早く反応して蹴り込んだFWらしいゴール。さらにストーク戦では振り向きざまのシュートをDFに当てながらもゴールにねじ込みました。残留するために重要な仕事なしてくれたと思います。

 f:id:mwmpxpp:20160709094713j:image

引用:

https://twitter.com/serieaffc/status/748289967865081856

にもかかわらず移籍したということは、評価としてはかなり厳しいものだったのでしょう。実際、最終的にはゴミスの方が得点の匂いを感じさせる選手となっていましたし、DFからの圧力に弱いパロスキは起点を作ることにかなり苦労していました。

 

私的には、2トップで使うタイプなのかなと思います。最前線ではなく、セカンドトップのような所で動き回った方が向いてるのかな。とりあえず4-2-3-1を愛用するスワンズにはフィットできなかったことは事実。イタリアでは2桁得点もしており、周囲の期待はかなり大きいものがありました。

 

にしても今季のFW陣の結果は情けない!エデルも帰ってきませんし、キャンプに帯同していないゴミスの移籍も決定的でしょうか。

 

となると、センターフォワードを務めるのはアンドレ・アイェウ1人。ゴッレはまだ厳しいでしょう。まさか、ロブソンカヌの加入が決まりそうなのでしょうか?

 

来年上位進出のためには、FWが最低でもあと2人は必要です。サイドにはスピードのある選手が揃い。攻撃センスに溢れるフェルの完全移籍も決まりました。さらにシグルズソンも、残留に前向きなコメントを残しています。

 

あとは独力で点の取れる、ボニーのようなエースが加入するのを待つのみです。